《ボンドのページ》エッジ交換・修理用接着剤について


エッジ貼替え用水性ボンド[FQボンド]について:
当社ではスピーカー修理用水性ボンド[FQボンド]または[DBボンド]を用途に応じてお奨めしております。
[FQボンド]はエッジ貼替え用に最も適した接着剤です。

[FQボンド]はオープンタイムを長めに取ってあります(適度に硬化が遅い)ので、ボンド塗布直後ヌルヌルと動く間にセンターを探し、慌てずに位置決めを行うことが可能です。エッジ貼替えには扱いやすい接着剤で、コーンやエッジの素材を問わず、殆どのスピーカーユニットへのご使用をお奨めしております。

(?)「木工用ボンド」とはどう違うのか。
木工ボンドは「一般木工用」(木、合板、紙、布等)の用途を目的としているため、エッジ貼替用にはあまり適しておません。金属面、ゴムやウレタン、樹脂系の素材等の接着には向いておりません。

木工ボンドの粘度は 25000〜28000 mPa・s(ミリパスカル秒)と硬く、[FQボンド]は 19000 mPa・s となっております。この数値はエッジ貼替え中に速やかに塗布し、乾燥する前にブラシで伸ばす作業が出来る適度な粘度となっております。

(!)木工ボンドの粘度を柔らかくするために水で薄めて使用いたしますと、初期密着性(粘り)が落ちるばかりか接着力自体が落ちてしまいます。

[FQボンド]の不揮発分は 59% と乾燥後も個体分が半分以上残ります。 木工ボンドの不揮発分は 40% 程度(種によって前後します)。これを水で薄めますと不揮発分が 30%台と更に低くなるため、硬化後の接着保持力が弱まる結果ともなります。

[FQボンド]の主成分にはマレイン酸系共重合樹脂が含まれていて高分子量で反応性に富む機能性ポリマーとなっており、ウレタンやプラスチック樹脂(金属面への接着)にも十分な接着力を発揮する汎用性の高い接着剤となっております。

(?)スピーカー製造には使用されてない水性ボンドが何故良いのか。
スピーカー製造ラインではコーンアッセンブリー(エッジ、ダンパー、コイルの付いたもの)をフレームに装着する際、治具によってボイスコイルを磁気回路ギャップ内の正確なセンター(中立位)に収めることが可能です。そのため工程的に接着が早く、生産性が良い溶剤系の接着剤を使用してます。しかし、組み立て済みのスピーカーのエッジのみを交換する際には、手作業でボンドを均等に塗る時間と、貼りながらセンターを探す時間(オープンタイム)が必要となります。

[FQボンド]は硬化後は樹脂となりエッジの接着力としては十分となりますが、水分が抜け始め、粘り気が出た後に硬化するまでにある程度の時間がかかります。 この「つきが遅い」という事が重要なのです。

DBボンド(黒色)
主にセンターキャップの接着に使用するボンドです。

その他の用途としては: スピーカー修理全般/ガスケットや化粧リングの接着、ダンパーとフレームの接着、コーンやエッジ部の破れの補修・修復、クロスエッジやフィクスドエッジの穴、クラック、亀裂の補修、リード線の固定、ネットワークやスピーカーパーツの固定、エッジとコーンの境目の充填、パーツ間の隙間充填。

状況によってはエッジの接着にも使用する場合がありますが、ご使用についてはご相談ください。(特殊なケースを除き、通常エッジ貼替えには[FQボンド]を推奨しております)

・カーボン・ケブラー・アルミ・ポリプロピレンコーンの接着にもお使いになれます。(スチロールは使用不可)

[DBボンド]の主成分はクロロプレンゴムですので、細かい各所の共鳴/共振防止、スピーカーエッジ付近やダイアフラムのエッジのダンピング等にもご使用になれます。

DBボンドは硬化後も多少の弾力が残ります。 収縮(痩せ)があり若干の盛り上がりも平らになります。 (不揮発分 34%)

その他接着剤
センターキャップの接着には[DBボンド]、ダンパーとボビンの接着には通常はエポキシ系接着剤をお奨めしておりますが、「スピーカー修理用のシアノアクリレート系接着剤」も各種取り扱いがございますので、ご質問・ご要望がございましたらお気軽にお問い合せください。

■ 実用例

エッジ貼替え

センターキャップ接着

エッジ貼替え

ダンパー貼り付け

■ その他、スピーカー修理用接着剤につきましてご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。


FUNTEQ HOME - ボンドのページ - お問い合せ